台湾の朝食 鹹豆漿(シェントウジャン)

  • 調理時間:約10分

台湾の朝食 鹹豆漿(シェントウジャン)

ラー油とパクチーを入れなければお子さまにも食べられる優しい味になります。

この料理のポイント

豆乳は必ず無調整のものをお使い下さい。沸騰させず鍋のふちがふつふつとしてくる位が温めの目安です。

材料

【 2人分 】

無調整豆乳
400cc
ザーサイ(塩抜きする)
10g
乾燥桜えび
大さじ2
黒酢
小さじ4
醤油
小さじ2
薫る味だし(中身)
1/2袋

パクチー
適量
ラー油
適量
ごま油
適量
フライドオニオン
適量
油揚げ
1枚

ぐっと、おいしくする一品 ぐっと、おいしくする一品

薫る味だし(かつお) <br>8g×6袋入
薫る味だし(かつお)
8g×6袋入
だし本来の味と香りを極めました。
(化学調味料無添加)
お買い物はこちら

つくり方 つくり方

  1. ザーサイはみじん切り、パクチーは1センチ長さに切る。乾燥桜えびは乾煎りして香りを出す。
  2. 油揚げを縦に二等分に切りごま油を薄く塗ってオーブントースターで両面を焼きカリッとさせる。
  3. 器2つにそれぞれ1の材料を半量ずつと、黒酢、醤油、袋から出した薫る味だしを入れる。
  4. 沸騰直前まで温めた無調整豆乳を3の器に静かに注ぎ、30秒ほど置いてから軽く混ぜとろみをつける。
  5. パクチー、ラー油、ごま油、フライドオニオンをお好みで乗せ2の油揚げを添える。

フードコーディネーター/タイ料理研究家

両角舞

料理人として10年間修行後、料理研究家兼フードコーディネーターに転身。「めざましテレビ」のコーディネーターを5年間務めた他、銀座で料理教室を主催。タイのハジャイ、バンコクでのレストラン立ち上げに関わり、メニュー考案、調理に携わる。現地での生活経験を活かし現在はタイ料理研究家としても活躍中。Web、雑誌、広告、書籍などの料理制作やレシピ開発、スタイリングを多数手がける。 著書に『塩ヨーグルト完全使いこなしレシピ80』(世界文化社)、『バズ飯』(ブティック社)がある。

ホームページ http://morozumimai.com/

\このレシピをシェアする/

にんべん製品からレシピを探す

検索条件

メルマガ会員登録

限定クーポンや新商品の
お知らせを配信してます!

登録

解除

商品カテゴリー

お買い物ガイド

ご購入ガイド

送料

お支払い方法

定期購入

のし紙について

複数お届けご案内

カレンダー

2019年09月の定休日
01020304050607
08091011121314
15161718192021
22232425262728
2930
2019年10月の定休日
0102030405
06070809101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

■の日は当店からのメール対応はお休みです。お電話でのお問い合せ等は、平日(10:00~17:00)までお願いします。

お問い合わせこちらから

お問い合わせ


このマークは、ウェブサイトを安心してご利用いただける安全の証です。
SSLとは?

ページトップへ