塩豚とレタス、薫る味だしの旨み炒飯

  • 調理時間:15分(塩豚の熟成時間は除く)

塩豚とレタス、薫る味だしの旨み炒飯

薫る味だしの風味が効いた炒飯。削りぶしをかけるとさらに香ばしくなります。

この料理のポイント

卵を多めの油で半熟に加熱しておくことで、ごはんと混ぜたときに固まらずパラっとほぐれやすくなります。塩豚はカリッとするまで炒めると香ばしく美味しいです。豚バラ肉は炒めて作ることもできますが、塩豚にすると更に旨味が凝縮されます。

材料

【 2人分 】

豚バラ薄切り肉
100g
小さじ1
サラダ油
大さじ1+大さじ1
ごはん
2膳分
2個
長ねぎ
1/8本

レタス 大きめの葉
2枚分
薫る味だし(中身)
1袋
醤油
小さじ1
小ねぎ
2本
かつお節
適量

ぐっと、おいしくする一品 ぐっと、おいしくする一品

薫る味だし(かつお)<br>8g×6袋入
薫る味だし(かつお)
8g×6袋入
だし本来の味と香りを極めました。
(化学調味料無添加)
お買い物はこちら

つくり方 つくり方

  1. 【塩豚】を作る。豚バラ薄切り肉を広げ両面に塩をまんべんなく振り、ラップでぴったりと包んで10分ほど置く。
  2. 1の塩豚の表面の水分を拭き取り、食べやすい厚さに切る。
  3. 長ねぎはみじん切り、レタスは大きめの一口大にちぎる。小ねぎは小口切りにする。
  4. フライパンを強火で熱しサラダ油を入れる。溶き卵を加え3秒間大きく混ぜながら炒め、半熟状態で取り出す。
  5. 再度サラダ油を熱し塩豚と長ねぎを入れて火が通るまで炒める。ごはんを加え強火で炒め、袋から出した薫る味だし、レタス、2の半熟卵を加え混ぜながら炒める。仕上げに醤油を鍋肌から加え混ぜる。
  6. 器に盛りつけ小ねぎを散らしかつお節を乗せる。

フードコーディネーター/タイ料理研究家

両角舞

料理人として10年間修行後、料理研究家兼フードコーディネーターに転身。「めざましテレビ」のコーディネーターを5年間務めた他、銀座で料理教室を主催。タイのハジャイ、バンコクでのレストラン立ち上げに関わり、メニュー考案、調理に携わる。現地での生活経験を活かし現在はタイ料理研究家としても活躍中。Web、雑誌、広告、書籍などの料理制作やレシピ開発、スタイリングを多数手がける。 著書に『塩ヨーグルト完全使いこなしレシピ80』(世界文化社)、『バズ飯』(ブティック社)がある。

ホームページ http://morozumimai.com/

\このレシピをシェアする/

にんべん製品からレシピを探す

検索条件

メルマガ会員登録

限定クーポンや新商品の
お知らせを配信してます!

登録

解除

商品カテゴリー

お買い物ガイド

ご購入ガイド

送料

お支払い方法

定期購入

のし紙について

複数お届けご案内

カレンダー

2019年09月の定休日
01020304050607
08091011121314
15161718192021
22232425262728
2930
2019年10月の定休日
0102030405
06070809101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

■の日は当店からのメール対応はお休みです。お電話でのお問い合せ等は、平日(10:00~17:00)までお願いします。

お問い合わせこちらから

お問い合わせ


このマークは、ウェブサイトを安心してご利用いただける安全の証です。
SSLとは?

ページトップへ