2019年8月19日

女性必見!冷え性に効くだしを使ったお休み前のホットドリンク

女性必見!冷え性に効くだしを使ったお休み前のホットドリンク
冷え性に悩む女性は多いですよね。手の先や足の先が異常に冷たくなる冷え性は、体にさまざまな悪影響を与え、体に潜んでいる何かしらの病気のサインとなることもあります。冷え性の原因にはいろいろなものがありますが、そのなかでも血行不良は大きな原因のひとつです。ここでは血行不良を改善するためのだしの活用法について紹介していきます。

女性の悩みで多い『冷え性』の対策にだしは最適

手足が極端に冷えてしまう冷え性は、男性よりも女性に多い症状です。女性は男性に比べると筋肉が少なく、基礎代謝が低いことも冷え性の一因となっています。冷え性は寒い季節だけではなく、夏場のエアコンなども原因となります。慢性化してしまうとなかなか体質を改善することができず、一年中辛い症状と向き合っている方は多くいるようです。

冷え性対策としては、衣類で調整したり、運動をしたりとさまざまな方法があります。食事に気をつけることも対策の1つで、体を芯から温めるためにスープや温かい飲み物を飲んだり、冷たいものをとるのを控えたりします。

炭水化物、たんぱく質、脂質の三大栄養素は、エネルギーを作り出す栄養素であり、食べると熱を作りだします。これを食事誘発性熱産生と呼ぶのですが、三大栄養素のなかでは最もたんぱく質が高くなっています。つまり、たんぱく質を多く含む食材は体を温めやすいといえるのです。食事と体温は深く繋がっていることがわかります。

また、冷え性には塩分や糖分のとりすぎも関係しています。だしを使うと味に奥行きが出て、無駄に味付けをする必要はありません。だしを効かせることで薄味でもおいしく感じられるので、結果的に冷え性の原因となる塩分や糖分の量を減らすことができるのです。

調味料は料理を美味しくさせるために必要なものではありますが、健康のことを考えるとできれば必要以上の味付けは避けておきたいものです。だしを上手に活用して、冷え性の原因となる塩や砂糖の量を減らせるように意識してみましょう。

だしは血行促進にも一役買ってくれるすごい食材

冷えは万病の元ともいわれ、生活習慣病や肩こり、腰痛、胃腸の不調などさまざまな病気に繋がっていると考えられています。異常な寒気を感じた場合は何かしら体に異変が起こっているサインかもしれないので注意が必要です。体に冷えを感じたら、まずは体のどこかに異変がないかをチェックして体を温めることを意識してみましょう。

また、大人だけではなく子供にとっても冷えは大きな問題です。子供の冷えは精神的なストレスと深く関わっていることもあります。ホルモンバランスの崩れやすい10代20代は、普段から体温の変化をチェックして健康管理をしていきましょう。

冷えの原因は手先や足先など体の末端の血行不良です。血行不良の原因としては、自律神経の乱れ、貧血、低血圧、運動不足、ストレス、更年期などがあります。いくら温かい服を着ても、根本が解決しなければ意味がありません。体質改善には時間がかかりますが、少しずつゆっくりと改善していくことが大切です。

血行不良を改善するには、まずは適度な運動を行うとよいでしょう。運動することで血液循環が改善され、体の末端まで血液が届き血流がよくなります。さらに筋肉量も増えるので代謝が上がり、冷えの慢性化を防ぐこともできます。

しかし、忙しい生活のなかで運動する時間を確保するのはなかなか大変です。そんな方におすすめしたいのが、「だし」を活用した冷え対策です。

だしの効いていない料理は、塩や醤油などの調味料で味を足しがちになります。塩分を摂りすぎると体が塩分濃度を下げようとして喉が渇き、過剰な水分摂取に繋がります。摂りすぎた水分を排出しようと排尿が多くなり体温を下げる結果となってしまうのです。

また、インスタントの顆粒だしも同じく、塩分が含まれている場合があります。天然の食材からだしをとっていれば気にすることはありませんが、使用する際には少し注意しましょう。普段からあまり天然の食材からだしをとっていないという方は、体に優しくておいしいだし生活をこれから始めてみませんか?

・寝る前におすすめのホットドリンクのレシピ
合わせだし 150cc
豆乳 50cc

寝る前にカフェインを摂ると、眠りにくかったりトイレが近くなったりして睡眠を妨害してしまいます。だしにはリラックス効果のあるトリプトファンというアミノ酸が含まれており、大豆製品にも多く含まれています。ノンカフェインのだしと豆乳を使ったホットドリンクで体を温めて、安眠を誘いましょう。

まとめ:だしを上手に使いこなせる女性は素敵ですよね!

健康ブームを背景に、普段からだしをとる人が増えてきています。だしをとるのは難しい、時間がかかるというイメージがあるかもしれませんが、体のことを考えて天然だしを上手に使いこなしてみませんか?


執筆監修者:片村優美
大学卒業後、管理栄養士免許取得。
2つの病院に勤務し、糖尿病や高血圧、腎臓病などの様々な疾患で悩まれる患者様に対して栄養指導などを行ってきました。
現在は、レシピ開発や健康・ダイエットに関するコラム執筆などのお仕事を行っています。
\この記事をシェアする/

検索条件

メルマガ会員登録

限定クーポンや新商品の
お知らせを配信してます!

登録

解除

商品カテゴリー

お買い物ガイド

ご購入ガイド

送料

お支払い方法

定期購入

のし紙について

複数お届けご案内

カレンダー

2019年11月の定休日
0102
03040506070809
10111213141516
17181920212223
24252627282930
2019年12月の定休日
01020304050607
08091011121314
15161718192021
22232425262728
293031

■の日は当店からのメール対応はお休みです。お電話でのお問い合せ等は、平日(10:00~17:00)までお願いします。

お問い合わせこちらから

お問い合わせ


このマークは、ウェブサイトを安心してご利用いただける安全の証です。
SSLとは?

ページトップへ

LINE