2019年6月24日

やさしい味が食卓を包む『白だし』の魅力

やさしい味が食卓を包む『白だし』の魅力
スーパーなどで白だしという商品を見かけたことや、実際に購入して使ってみたことがある人も多いのではないでしょうか。日常的に使用されている白だしですが、めんつゆとの違いなどについて、ここでは、家庭でも大活躍間違いなしの白だしについての解説や、使い方の紹介をしていきます。

家庭料理を一気に料亭の味に変える『白だし』とは?

白だしは鰹節や昆布などからとっただしに白醤油や淡口醤油、砂糖、食塩などを加えて作られた調味料です。めんつゆと同じように各種料理のだしや調味料として使うことができます。

めんつゆとの大きな違いは色が薄いので、食材の色をそのまま活かせること。もともとは料理の色味を大切にする高級料亭で使われていたものですが、今では一般家庭でも広く使われています。

お料理上手が使いこなす『白だし』活用法

白だしを使う料理の定番というと、茶碗蒸しがあります。茶碗蒸しは色味を大切にする料理ですので、濁りのない透き通った白だしがぴったりです。
また、小さい子供から高齢者まで人気のうどんも白だしを活用できる定番の料理です。うどんはめんつゆを使って作ることもできますが白だしを使うと、めんつゆより醤油感の少ない淡い色合いのうどんに仕上げることができるでしょう。

また、白だしは和食だけに使うものというわけではなく、洋食や中華料理にも用いることができる調味料です。例えば八宝菜やパスタなど、白だしを使ってアレンジすれば優しい味わいに仕上げることが可能です。いつもの味付けから、風味の変化を付けたいという時には白だしを活用してみてはいかがでしょうか。

白だしは野菜や肉、魚などさまざまな食材に合う万能な調味料です。普段料理に使用するだしを白だしに変えるだけで味が決まります。味付けに自信がない人、時間や手間をかけたくないという人にはおすすめの調味料といえるでしょう。

家庭料理で白だしを活用してみよう!

白だしがあれば、料理が苦手な人でも完成度の高い料理を作ることができます。もちろん白だしと調味料を使うのが理想的ではありますが、まずは市販の白だしを使って手軽にチャレンジしてみてくださいね。洋食や中華料理にも使える白だしを使って、料理のバリエーションを広げていきましょう。



執筆監修者:片村優美
大学卒業後、管理栄養士免許取得。
2つの病院に勤務し、糖尿病や高血圧、腎臓病などの様々な疾患で悩まれる患者様に対して栄養指導などを行ってきました。
現在は、レシピ開発や健康・ダイエットに関するコラム執筆などのお仕事を行っています。

この記事に関連する商品

他の商品を見る

\この記事をシェアする/

検索条件

メルマガ会員登録

限定クーポンや新商品の
お知らせを配信してます!

登録

解除

商品カテゴリー

お買い物ガイド

ご購入ガイド

送料

お支払い方法

定期購入

のし紙について

複数お届けご案内

カレンダー

2019年11月の定休日
0102
03040506070809
10111213141516
17181920212223
24252627282930
2019年12月の定休日
01020304050607
08091011121314
15161718192021
22232425262728
293031

■の日は当店からのメール対応はお休みです。お電話でのお問い合せ等は、平日(10:00~17:00)までお願いします。

お問い合わせこちらから

お問い合わせ


このマークは、ウェブサイトを安心してご利用いただける安全の証です。
SSLとは?

ページトップへ

LINE