めんつゆレシピのご紹介!めんつゆなら簡単&失敗しらず!

最終更新日:2020年4月17日
公開日:2020年4月8日
めんつゆレシピのご紹介!めんつゆなら簡単&失敗しらず!
そうめんやうどん、そばなど、和風めんの味付けに欠かせないめんつゆ。最近はめんのつけだれやスープ以外にも、さまざまなレシピの中に取り入れられています。


今回は、知っているようで知らないめんつゆの作られ方や種類に加え、便利な活用法やレシピをご紹介しますので、毎日の献立に役立ててみてください。

そもそもめんつゆとは?

はじめに、普段気軽に使っているめんつゆとはどのようなものなのか、作られ方や種類などについて簡単に確認していきましょう。

めんつゆ自体の作られ方

めんつゆは、かつおぶしや昆布などのだしに「かえし」と呼ばれるしょうゆ、砂糖、みりんなどを加えたものを合わせて作る調味料のことです。文字通りめんをつけて食べるつゆとして、または、スープに使う目的で作られています。


市販のめんつゆはそのまま使えるストレートタイプか、お湯や水などで薄めて使う濃厚タイプに分けられます。うどんやそばを出すお店では「だし」と「かえし」の配分や、かえしを作る際のしょうゆ、みりんなどの配分によって、めんの種類や太さに応じて微妙な味わいの変化を出しています。

めんつゆの種類

「だし」と「かえし」でめんに合ったつゆを生み出すように、市販のめんつゆにもさまざまな種類があるのをご存知でしょうか。めんつゆの種類は、大まかに以下のように分けられます。


・万能タイプ:「だしつゆ」「かつおぶしつゆ」「こんぶつゆ」のように、めんの種類を問わず使えるのが万能タイプのめんつゆです。こんぶつゆもかつお節を使ったつゆも、めん以外の料理に幅広く使えます。かつおぶしや昆布、椎茸など複数の素材を使った合わせだしつゆなどもあります。


・そうめんつゆ:細くつるつるとしたそうめんに合うように作られためんつゆです。夏場の需要からそのまま使えるストレートタイプが多く、繊細なそうめんが楽しめるようあっさりとした薄味のものが主流となっています。


・うどん、そば用つゆ:うどんやそば用のめんつゆは、そうめんつゆに比べると太いめんに絡むよう、しっかりとした味付けになっています。

めんつゆの活用方法

次に、めんつゆの活用方法についてもご紹介します。

どんな料理に活用できる?

しょうゆ、砂糖、みりんにだしがバランスよく入っためんつゆは、あらゆる和食に活用できます。炊き込みご飯の味付け、煮物やだし巻きなど、しょうゆやみりんの分量を個別に測る必要がないため、手軽に美味しい料理作りが可能です。


また、めんつゆは和食だけでなく、洋食や中華にも使えます。クリーム煮やカレー、パスタなどに隠し味として使用したり、カレーうどんやナポリタンなど、和風テイストに仕上げたい時に便利です。


中華ではから揚げの下味や、中華あんの味付けにも使えます。チャーシューのつけだれ代わりに使ったり、豆腐や野菜サラダなどにかけたりして使うのもおすすめです。スープや鍋だしとしても使えます。

料理に合わせてめんつゆを選ぶ

万能タイプのつゆにはかつおぶしや昆布、椎茸など、素材の異なるだしが使われています。上品に仕上げたい場合はこんぶつゆ、かつおぶしの風味を活かしたい場合はかつおぶしつゆがおすすめです。
具体的には、ふろふき大根や湯豆腐、かぶら蒸しなどにはこんぶつゆ、お吸い物や煮物にはかつおぶしつゆが向いています。オールマイティに使いたいなら、合わせだしタイプのめんつゆを使うとよいでしょう。
たれやソース代わりとして使う場合は濃厚タイプ、スープやあっさり煮で使う場合はストレートタイプが使いやすいでしょう。

めんに合わせてめんつゆを選ぶ

そうめんにはそうめんつゆ、うどんやそばにはうどん・そばつゆが合うように、それぞれ味のバランスが考えられています。和風パスタを作る際の味付けも、めんの太さによってつゆを変えてみるとよいでしょう。団子汁やすいとんのような丸みのあるもの、ほうとうのような平たいめんも、しっかりとだしを感じるめんつゆがおすすめです。


だしの風味や好みは地域によっても違いがあり、どれが正解ということはありません。色々と試してみながら、自分の好きな味を見つけてみましょう。

めんつゆ活用おすすめレシピ!


めんつゆ和風アヒージョ

めんつゆとオリーブオイルが意外な美味しさです。たこは長時間加熱するとは固くなりやすいので食卓に出す直前に仕上げてください。


【材料 2人分】
にんにく 大きめ1片
オリーブオイル 150cc
めんつゆ 大さじ2
唐辛子 1本
しいたけ 2個
さといも 1個(約150g)
ミニトマト 4個
蒸したこ 100g
おくら 2本
バゲット 適量


1.にんにくは粗みじん切りにする。しいたけは半分に切る。さといもは皮を剥き一口大に切ってラップで包み600wで2分間電子レンジにかける。ミニトマトはへたを取る。蒸したこは一口大に切る。おくらは板ずり(塩:分量外)する。
2.にんにく、オリーブオイルをスキレット(小さめのフライパンや直火にかけられる耐熱皿でも)に入れ弱火で火にかける。香りが出てきたらめんつゆと唐辛子を入れ、しいたけ、さといも、ミニトマト、蒸したこ、おくらを加え2分間ほど煮る。
3.お好みでバゲットを添える。

人参とセロリのしりしり

炒める時に時間をかけ過ぎたり混ぜすぎると食感が失われてしまうので中火でなるべく短時間で仕上げるのがポイントです。


【材料 2人分】
人参 150g
セロリ 50g
卵 1個
ごま油 大さじ1
めんつゆ 大さじ1
塩昆布 大さじ1.5


1.にんじんとセロリは千切りにする。
2.フライパンにごま油を熱し1の野菜を加えしんなりするまで炒める。めんつゆを加えて中火で炒め、なじんだら溶き卵を回し入れて全体に火が通ったら塩昆布を加えさっと混ぜる。

まとめ

めんつゆはかつおぶしや昆布を使っただしにしょうゆ、みりん、砂糖などをバランスよく合わせた調味料です。そうめんやうどん、そばなど、めんの種類ごとに味付けが違ったり、かつおぶしや昆布など異なるだしが使われていたりするほか、ストレートタイプと濃縮タイプなど、さまざまな種類があります。


めんを食べる際のつゆ以外にも、煮物や炊き込みご飯、漬けだれ代わりなど、大変便利に使うことができる調味料です。にんべんでも、バラエティ豊かなめんつゆのラインナップをご用意しています。おすすめレシピも参考にしながら、以下の一覧より自分の好きなめんつゆを選んでみてくださいね。

めんつゆ以外にも色々使える万能調味料!にんべんのつゆの素のご購入はこちらから

\この記事をシェアする/

検索条件

メルマガ会員登録

限定クーポンや新商品の
お知らせを配信してます!

登録

解除

※本会員様のメルマガ解除はマイページからお願いいたします。

商品カテゴリー

お買い物ガイド

ご購入ガイド

送料

お支払い方法

定期購入

のし紙について

複数お届けご案内

カレンダー

2020年09月の定休日
0102030405
06070809101112
13141516171819
20212223242526
27282930
2020年10月の定休日
010203
04050607080910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

■の日は当店からのメール対応はお休みです。お電話でのお問い合せ等は、平日(10:00~17:00)までお願いします。

お問い合わせこちらから

お問い合わせ


このマークは、ウェブサイトを安心してご利用いただける安全の証です。
SSLとは?

ページトップへ

LINE