2018年11月17日

誰でも作れる佃煮のおいしいレシピ

誰でも作れる佃煮のおいしいレシピ
贈答品としても重宝されている佃煮は、和食には欠かせない食品の一つです。通販でも佃煮を購入することができ、お取り寄せをして、さまざまな地域の味を楽しんでいる人も多いでしょう。ここでは、佃煮の特徴や製造方法について説明します。ご家庭で作れるレシピも紹介しますので、参考にしてみてください。

佃煮の種類

佃煮にはどのような種類があるのでしょうか。佃煮は、使用する原材料によって分けることができます。水産佃煮は昆布やいわし、あさり、海老などが原料です。ふきや葉唐辛子、しそ、ごぼう、豆などを利用したものは、農産佃煮と呼ばれています。また、くるみやいなごなどを利用したものもあります。

佃煮は、主なものだけでも100種類以上あると言われています。地方ならではの食材を使った佃煮もあるため、種類の数は相当なものになるでしょう。

佃煮の作り方

食材を砂糖やしょうゆ、みりん、調味料などで甘辛く煮つめた佃煮は素材としょうゆの風味を生かしている点が特徴です。製造方法も複数ありますが、にんべんの代表的な佃煮を紹介しましょう。

〔まぐろ角煮〕

しょうゆと砂糖ベースのたれに、りんごとレモンの果汁と赤ワインを加え、かつお節だしを効かせた特製だれでじっくりと炊き上げております。コクとうまみが効いた、まろやかな佃煮です。

〔かつお角煮〕

しょうゆと砂糖ベースのたれに、りんご果汁と赤ワインを加え、かつお節だしを効かせた特製だれでじっくりと炊き上げております。

〔あさり佃煮〕

あさりの佃煮に細切り昆布を加えることにより、昆布のうま味が効いて、より旨さを引き立たせております。

家庭で作れる佃煮のレシピ

だしがらの佃煮

だしを取った後の鰹節を佃煮にアレンジしましょう。

【材料】だしがら75g(削り節30g分)

砂糖、みりん、しょうゆ:各大さじ2、胡麻:適量

  1. フライパンに鰹節のだしがらを入れ、砂糖、みりん、しょうゆを合わせ弱めの中火で炒める。

  2. 水分がほとんどなくなったら、火を止めて胡麻を加えて混ぜ合わせて出来上がり。


だしがら75g(削り節30g分)

砂糖、みりん、しょうゆ:各大さじ2、胡麻:適量

しらすの佃煮

【材料】しらす:100g

つゆの素(3倍濃厚):150ml

砂糖:大さじ5

しょうが:1片分

  1. しらすを沸騰した湯に入れ、1分間湯引きしてざるに上げ水気を切る。

  2. 鍋につゆの素(3倍濃厚)、砂糖、しょうがを入れ加熱する。

  3. 砂糖が溶けたら1のしらすを入れ、弱火で、時々アクを取り除き混ぜながら煮込む。

  4. 液量が1/2~1/3程になったら火を止めて冷まします。


液を切ったら出来上がりです。

佃煮は通販でも手に入る

家で作る佃煮も味わい深いものですが、手軽においしい佃煮を食べるなら通販がおすすめです。にんべんでは、さまざまな種類の佃煮を取り揃えています。レモン果汁を加えたあさりの佃煮や、北海道の昆布を使った昆布としいたけの佃煮、にんにくと生姜を加えてコクとうま味を引き出した牛肉と根菜の佃煮など、豊富な種類から選ぶことができます。いろいろな種類が入った佃煮の詰め合わせなどもあり、贈り物としても最適です。

100種類以上もあると言われる佃煮は、素材や調味料によって、さまざまな味わいがあります。ご飯のお供やおつまみ、おにぎりの具材としても重宝するので、常備しておくと便利です。佃煮は家でも簡単にできるので、好きな材料を使って作るのも良いでしょう。にんべんの通販では、いろいろな種類の佃煮を用意しています。贈り物にもおすすめです。

この記事に関連する商品

かつお角煮

712円(税込)

まぐろ角煮

712円(税込)

あさり佃煮

712円(税込)

他の商品を見る

\この記事をシェアする/

検索条件

メルマガ会員登録

限定クーポンや新商品の
お知らせを配信してます!

登録

解除

商品カテゴリー

お買い物ガイド

ご購入ガイド

送料

お支払い方法

定期購入

のし紙について

複数お届けご案内

カレンダー

2019年09月の定休日
01020304050607
08091011121314
15161718192021
22232425262728
2930
2019年10月の定休日
0102030405
06070809101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

■の日は当店からのメール対応はお休みです。お電話でのお問い合せ等は、平日(10:00~17:00)までお願いします。

お問い合わせこちらから

お問い合わせ


このマークは、ウェブサイトを安心してご利用いただける安全の証です。
SSLとは?

ページトップへ