2019年5月21日

料理を趣味に!はじめてみよう天然鰹節だし生活

料理を趣味に!はじめてみよう天然鰹節だし生活
知れば知るほど奥が深い料理の世界。一度足を踏み入れると探究心が止まりませんよね。特に和食は、素材の味や丁寧な作業によって味が左右される繊細な料理です。おいしさを引き立てる鰹節だしを使って、趣味としての料理を楽しんでみませんか?
本格的な料理を作るなら、天然だしをおすすめします。市販の化学調味料を含む顆粒だしを使っている人は、「便利だから」「簡単だから」という理由がほとんどです。たしかに、顆粒だしはお湯に溶かすだけでおいしい味を作り出すことができます。料理初心者でも失敗することはないのですが、顆粒だしを使うときにはいろいろな注意点があるということを知っておきましょう。

・塩分が多く含まれているものがある
顆粒だしは、塩分が添加されているものが多いので、わざわざ塩分を追加することがなくてもしっかりと味を感じることができます。味噌汁1杯に使う顆粒だし1g中に含まれる塩分が0.4gだと仮定すると、味噌汁だけでも3食飲めば1.2g、煮物などのおかずにまで使用するとさらに量は多くなります。

・添加物が含まれている
原材料名を見るとわかりますが、市販の顆粒だしにはおいしい風味を作り出すための添加物が多く含まれている場合があります。

このような人工的に作られた旨味成分は化学調味料と呼ばれていましたが、現在ではうま味調味料という呼び方に変わってきています。主成分はグルタミン酸ナトリウムやイノシン酸ナトリウム、グアニル酸ナトリウムなどで、食品に含まれる旨味成分とナトリウムを結合させたものです。

<うま味調味料>
アミノ酸系うま味調味料 … グルタミン酸ナトリウム
核酸系うま味調味料 … イノシン酸ナトリウム、グアニル酸ナトリウム

どんなうま味成分が使用されているのかは、商品のパッケージで確認することができます。加工品に表記されている「調味料(アミノ酸)」または「調味料(アミノ酸等)」「調味料(核酸)」をチェックしてから購入するようにしましょう。

鰹節だしを使うメリットとは?

鰹節からとった、天然の鰹節だしにはこういった化学調味料は一切含まれていません。昔の家庭では、昆布や鰹節からだしをとるというのが当たり前だったはずですが、顆粒だしを使うことの方が常識になりつつあることに不安を覚えるという人もいるのではないでしょうか。特別な調味料を使用しなくても、うま味成分を含む食品がたくさんあります。うま味成分を含む食品とはどのようなものなのか詳しく見ていきましょう。

・うま味成分を含む食品とは
野菜やきのこ、肉といった食品にも、独自のうま味成分が含まれています。例えば、鰹節に含まれるイノシン酸、お茶・トマト・白菜などに含まれるグルタミン酸、しいたけに含まれるグアニル酸です。

・うま味成分を含む食品のメリットは?
うま味成分を含む食品には自然のうま味を感じられるといったメリットがあります。鰹節はこのような化学的な加工をしなくても、料理に加えるだけでうま味をプラスすることができる食品です。だしをとるだけではなく、和え物やふりかけなど、だしがらを有効活用できるという点もうれしいですね。


本格的な鰹節だしを使ってみよう
鰹節だしは、天然のおだしです。さらに、おいしいとなれば毎日でもとり入れていきたいですよね。料理にこだわるなら本格的にだしをとり、おいしく安全な料理で毎日を健康的に過ごしましょう。


執筆監修者:片村優美
大学卒業後、管理栄養士免許取得。
2つの病院に勤務し、糖尿病や高血圧、腎臓病などの様々な疾患で悩まれる患者様に対して栄養指導などを行ってきました。
現在は、レシピ開発や健康・ダイエットに関するコラム執筆などのお仕事を行っています。

\この記事をシェアする/

検索条件

メルマガ会員登録

限定クーポンや新商品の
お知らせを配信してます!

登録

解除

商品カテゴリー

お買い物ガイド

ご購入ガイド

送料

お支払い方法

定期購入

のし紙について

複数お届けご案内

カレンダー

2019年11月の定休日
0102
03040506070809
10111213141516
17181920212223
24252627282930
2019年12月の定休日
01020304050607
08091011121314
15161718192021
22232425262728
293031

■の日は当店からのメール対応はお休みです。お電話でのお問い合せ等は、平日(10:00~17:00)までお願いします。

お問い合わせこちらから

お問い合わせ


このマークは、ウェブサイトを安心してご利用いただける安全の証です。
SSLとは?

ページトップへ

LINE